倉敷町家トラスト  
トップページ倉敷町家トラストとは活動内容入会方法
活動内容御坂の家各種報道履歴

 倉敷町家トラストの活動は多岐にわたります。メインの活動は使われなくなった町家を再生・利活用し、町家生活体験・宿泊・地域活動などに利用していくことです。それをより広く行うための空家・地域調査、再生物件が増えてゆくことで可能になる地域活性化の活動なども行っていきます。
 これらの活動の推移をご覧下さい。
 

 倉敷町家トラストのメイン活動です。利用されていない町家を、町家生活体験・宿泊・地域活動などに利活用出来る物に再生していきます。
 活動を続けることで倉敷のまちにより多くの人が集まり、生活するようにしていくことが目標です。今後、再生物件も数を増やしていきます。


 倉敷本町にある旧小林邸を「御坂の家」として再生しました。旧小林邸は倉敷美観地区内にありますが長い間住民がおらず、立地も細い坂の上にあり工事も難しく老朽化が進んでいました。人がいなくなり使われていない空家を再び蘇らせ、あらたなまちづくりの第一歩として、「まちに灯をともす」という倉敷町家トラストのテーマにふさわしい物件として、再生第一号に選ばれました。
 

 再生された町家は主に町家生活体験施設として利活用していきます。倉敷のまちを訪れる人が町家での生活を楽しみながら誰にも気兼ねなく旅を満喫できます。ホテルや民宿などとは違いノンサービスですが、倉敷のまちの中で、自分流の一日が過ごせる新しい宿泊形態の提案です。
※第一号再生予定物件が完成次第、活動を行います。


 今後、町家再生物件を増やしていくためにも倉敷の町家を調査していく必要があります。まちや一軒ごとの地主、家主、現状などの情報を集め、空家のデータベースを作成します。それにより町家再生活動を潤滑に行えるようになります。
 
倉敷町家トラストブログ